--

スポンサーサイト

スポンサー広告  コメント(-)  トラックバック(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25

鎧の戦士

―冥界が出現、エージュに向けて攻撃を開始!―

その報を聞いて、突破を試みる為に冥界軍の門へと向かう。

「…相変わらず、メンドクセェ時期に来やがるなムゲンの野郎」

それでいて本人は出張ってこないのだから大したモンだ。

「まぁいい、何時もの事だ。ちゃっちゃっと行ってくるか」

そう、何時もの事だ。ムゲンの手足にさせられている彼らを打ち倒す以外に、再度永眠の時間を与えてやれる手段は自分達にはない。
正面に立ちはだかる門番を退けるべく、城の入り口へと急いだ。



一人目の門番が倒れる。

「一人目から手こずっちゃいられねぇ…さて」

続く通路を駆けていくと、その先に待ち構える二人目の門番。

「アンタが二人目、か―!?」

近づくにつれて露わになるシルエット、しかして見えたその姿に驚愕する。

「ま、さか…嘘だろ」

分かっていても、嘘だと言いたかった。
見間違えるはずもない、その鎧甲冑に覆われたかつての同志を。

「ジランドさん…アンタとは、こんな形で再会したくはなかったよ…ッ!」

己の獲物を抜き向かってくる姿に、苦渋の顔を隠せぬまま太刀を抜く。


―…勘違いするなよ?俺の物語はこれで終わりじゃない―


振り下ろされる獲物を真っ向から受け、鍔迫り合いになる。


―これから俺とお前達との戦いが始まるのだ!―


隙を突かれて打ち上げられ、とっさに身を引くもその一撃を浅くなく受けて下がる。

「くっ…」

もう一撃浴びれば危うい。まだ、更にもう一人奥には待ち構えているというのに。


―次に会う時は敵同士、手加減はしない…いや、されても困るが…―


「そうだな…その通りだ」

何も言わぬ甲冑を前に、太刀をしまいながらも構える。
同時に、静かだった辺りに風が渦巻き始めその身を纏っていく。

「手加減はしねぇ約束だったよな。…本気で行くぜッ!」

超音速機動オーヴァードライブ

目の前から掻き消えるような速度で一瞬にして間合いを詰める。
現れたのは相手の眼前、その足元。

その数、前後左右から四人。

身を屈めるようにして体のバネを貯めると、一気にその足で蹴り上げる。

宙に舞う甲冑へ、間を開けず地を蹴り追いつくと前後左右から拳と蹴りの乱打が舞い。
更にもう一人が背から現れ頭上に躍り出ると、両手を掴み合わせ振り下ろす。

衝撃で一気に地面に向けて降下する相手の頭上には、しかして既に先の姿は無く。



―ここに、地表にて見上げながら待ち受ける姿があった。



「鏡神映身流、奥義―」

落下地点よりも少し離れたところから、其処へ向けて一気に駆ける。
タイミングは、正に地につく瞬間。手は刀に添えられ、抜刀の構えのまま迫る。

―その数、八人・・


正しく八方から囲むようにして迫ると、地に着く寸前の甲冑を中心に八つの影が交差した。

「…夢幻など此処にない。全てが俺でありその太刀に虚像は皆無。故に―」

居合いの呼吸で抜かれた刀を静かに納める。

「―無幻闘武」


だが、これで倒れぬはやはり猛者。
聞こえた金属の揺れる音に、何も言う事はせずただ腰裏から双剣を引き抜く。
そのまま、迫る金属音へと向き直るとその身へ一気に駆け抜けた。


―鏡神映身流奥義 双武連乱


「…サヨナラだ、ジランドさん」


崩れ落ちる甲冑の音を背に、振り返る事はせずそのまま奥へと走った。






門番を全て退け、城門へと傷をつけて撤退する。
今はもう、遠くの上空から眺める位置に冥界の城はあった。
知った顔が現れる事の空しさを、分かってはいても消す事は出来ない。

「…ムゲンのクソヤロウがっ」

そのまま、風を纏うと空を駆け帰路についた。



正面突破:第1戦
セイリオスをラナティ・クローデルが迎え撃つ!

セイリオス「…今は長くお前らに構う余裕はねぇ」
ラナティ・クローデル「……」
セイリオスが先に行動をとった!!

第 1 ターン!
セイリオスのHP:98
ラナティ・クローデルのHP:99

セイリオスの周辺に見えない力が集まり始める…。
セイリオスは「煉獄への階段」を唱えた。
セイリオスは『ラ・デルフェス』を発動した。
セイリオスの連続攻撃!
ラナティ・クローデルに 35 のダメージ!
ラナティ・クローデルに 10 のダメージ!
ラナティ・クローデルに 18 のダメージ!
ラナティ・クローデルに 32 のダメージ!
ラナティ・クローデルに 5 のダメージ!

ラナティ・クローデルは戦闘不能になった!!

セイリオスは戦いに勝利した!!
セイリオス「…ムゲンのクソヤロウがっ」
ラナティ・クローデル「……」

正面突破:第2戦
セイリオスをジランドが迎え撃つ!

セイリオス「アンタとは、こんな形で再会したくなかった」
ジランド「……」
セイリオスが先に行動をとった!!

第 1 ターン!
セイリオスのHP:98
ジランドのHP:129

セイリオスは警戒して様子を見ている!

ジランドの攻撃!
セイリオスは防御を固めた!!
セイリオスに 1 のダメージ!

第 2 ターン!
セイリオスのHP:97
ジランドのHP:129

セイリオスは警戒して様子を見ている!

ジランド「……」
ジランドのクリティカル攻撃!!
セイリオスは防御を固めた!!
セイリオスに 47 のダメージ!

第 3 ターン!
セイリオスのHP:50
ジランドのHP:129

セイリオスの周辺に見えない力が集まり始める…。
セイリオスは「鏡神映身流弐代目奥義『無幻闘舞』」を唱えた。
セイリオスは『ラ・デルフェス』を発動した。
セイリオスの連続攻撃!
ジランドに 26 のダメージ!
ジランドに 3 のダメージ!
ジランドに 27 のダメージ!
ジランドに 25 のダメージ!
ジランドに 18 のダメージ!

ジランドの攻撃!
セイリオスに 25 のダメージ!

第 4 ターン!
セイリオスのHP:25
ジランドのHP:30

セイリオスの周辺に見えない力が集まり始める…。
セイリオスは「鏡神映身流弐代目奥義『双武連乱』」を唱えた。
セイリオスは『ラ・デルフェス』を発動した。
セイリオスの連続攻撃!
ジランドに 19 のダメージ!
ジランドに 27 のダメージ!
ジランドに 17 のダメージ!
ジランドに 12 のダメージ!
ジランドに 12 のダメージ!

ジランドは戦闘不能になった!!

セイリオスは戦いに勝利した!!
セイリオス「…ムゲンのクソヤロウがっ」
ジランド「……」

正面突破:第3戦
セイリオスを有栖川譲が迎え撃つ!

セイリオス「テメェで最後だな、どきやがれ」
有栖川譲「……」
セイリオスが先に行動をとった!!

第 1 ターン!
セイリオスのHP:25
有栖川譲のHP:99

セイリオスの周辺に見えない力が集まり始める…。
セイリオスは「煉獄への階段」を唱えた。
セイリオスは『ラ・デルフェス』を発動した。
セイリオスの連続攻撃!
有栖川譲に 9 のダメージ!
有栖川譲に 12 のダメージ!
有栖川譲に 23 のダメージ!
有栖川譲に 26 のダメージ!
有栖川譲に 26 のダメージ!

有栖川譲の攻撃!
セイリオスに 1 のダメージ!

第 2 ターン!
セイリオスのHP:24
有栖川譲のHP:3

セイリオス「・・・いくぜ、受けたくなきゃ避けてみな」
セイリオスのクリティカル攻撃!!
有栖川譲に 86 のダメージ!

有栖川譲は戦闘不能になった!!

セイリオスは戦いに勝利した!!
セイリオス「…ムゲンのクソヤロウがっ」
有栖川譲「……」

正面突破が成功し、対象国に957のダメージを与えました。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://seirios.blog68.fc2.com/tb.php/90-4388871d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。