--

スポンサーサイト

スポンサー広告  コメント(-)  トラックバック(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31

狼軍

城が崩れ落ちる。
ただ遠くからそれを眺めていた。

「…あの猛攻からよくこれだけ保ってくれた。今暫くは休め」

降りしきる雨に塗れる視界も拭わず。


「さて行くぞ、大聖堂に集結地点がある。そこで各自確認を行った後に隊列を整え直し、次の国に入国し戦を継続する!」

その踵を返す。


人が居れば場所は何時でも取り返せる。
大事な事は、その気持ちを失わぬ事。

絶対不変など永劫に在らず。
ならば、前へ進むその気力を持ち続けろ。



そう。
我らが狼である限り、我々は狼軍だ。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://seirios.blog68.fc2.com/tb.php/83-4d3f3ae7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。