FC2ブログ
--

スポンサーサイト

スポンサー広告  コメント(-)  トラックバック(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23

金色の詩

設定  コメント(-)  トラックバック(-)
何処かで聞こえる。
何処かに響く。

それは自分の中なのか。
それとも自分の外からなのか。


聞こえる詩と共に、問い掛けられる。
だが、必ず最後に俺は、どっちでもねぇよ―と告げる。

そして開くのだ。
金色に染まる瞳を。


 

 

其は古の縁に導かれし力

 祖が金色は吉凶の印が証

 吉となりては雄々しき英傑を刻み

 凶となりては荒々しき傷跡を残さん

 其が金色が示すは何れになるや

 今以ってその血に流れる記憶に契りを結ばん

 

 

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。