FC2ブログ
26

バトンバトン

バトン comment0  トラックバック(-)
まさに気付かなそうな面子その1でした ←

そんな送り主バトン。ピッチャー は強欲 のカナンさん
スポンサーサイト
24

バトン

バトン comment0  トラックバック(-)
信じてたのにと言われたので尋問タイムです。


俺の ←

以下、容疑者バトンとあいつバトン
11

貰い物と魔島とバトン

バトン comment3  トラックバック(-)
なんかここんとこ、ありがてぇ話が続いてる。
俺この後何かあるんじゃねぇの?(ビクビク


■ハルベルト用、新たな『傲慢』版の顔絵を貰う。

■ラズさんからまさかの顔絵プレゼンツ

■ANさんより星屑の宴の際の賞品を貰う


俺どっちに足向けて寝れば大丈夫ですか(゜д゜;


ハルベルトの試合はまだ先だけど、次回にはその顔絵で臨ませて頂く次第。
1人で闘うわけじゃないからこそ、戦法は色々やれて面白いね。

ラズさんからは勝手に企画だからと言われたけど、頂く以上は礼は欠かせねぇもので。
ありがたやありがたや(=人=)

ANさんから届いた小包は、多分この大陸でも有数の有名人が作り手の一品。
ただ、一番驚いたのはその画像だった。刻まれてたのは、間違いなく俺の名前。


・・・ありがてぇモンだ。
本当に、こうして頂戴した事にこの場でも御礼申し上げる。




魔島では武闘館を建てた。
居る人達にバトルスキーの匂いがしてやってみたが、まぁ外れじゃぁねぇようだ。
折を見て俺も参加させてもらうつもりでいる。

しかし、国庫の減少は何なのかねー。
施設だけ見ると維持費発生しねぇはずなんだが・・・供給所って仕様変わって維持費発生するようになったっけ?
毎日20万減ってんだよなぁ。

うーん。
まぁ、滞在期間は決めてねぇからちっとやれる部分は力になってくとしよう。


でも今年は寒ぃが、花見の頃合になったらまたワンズに行ってみっかな。


以下、アガットからのバトン。
11

魔島への路

小話 comment0  トラックバック(-)
ビエルの冬山を駆け下りて麓で一夜を過ごし、翌日は南下すればバラハンへ続く街道を進む。

途中、通り掛かった乗り合い馬車に乗せてもらい、揺れるままを心地よく愉しみながら。
道中で二夜目を迎えれば、焚き木を囲い乗り合わせた他の客達と談笑する。旅の話をする一方で、彼らが話す日常や旅の話はこれだけの年月を過ぎた今でも新鮮で、面白い。


ビエルを発ってより三日目。

バラハン国内へと進むという乗り合い馬車には途中で別れを告げた。
国内を通り、中での手続きを通して船に乗る方が段違いに安全であり簡単である事は理解していたし、すっかり打ち解けた他の客達からも説かれたが、事情があると話して首を振った。


まだ、アイツらのところに行く“時”ではない。


やや遠回りになるのは承知しつつ、迂回ルートで海岸を目指した。
海が近くなるにつれ、吹き荒ぶ風は再び寒さを増す。

それでも近くまで馬車に乗れたのが幸いだったか。
夕刻を迎える前には、目指す先を見据えられる海岸へと辿り着く。

停泊所のある港へはまだ遠い。



だがここで夜を明かすのも得策でなければ、海から離れれば本末転倒だ。

已む無しかと判断すれば、自らの周囲を強風が囲いその身を浮かす。


やがて宙空へ、風を纏いて飛び上がればそのまま海の向こうに見える島を目指した。

圧倒的な速さはやがて、夜を迎える前に島の端へ我が身を運ぶ。



見上げた空は、どこまでも灰色で。
何時か聞いた話を思い出す。


「…スルトガルム、か。」

それはかつて、目の前に浮かぶ島、灰色の空の下に与えられた国の名前。


ふわりと、地面に降り立って。
入国手続きをすべく、首都を目指して歩き出した。

04

1戦目を終えて

日記 comment0  トラックバック(-)
いやぁ、威勢良く挨拶したら一撃目で沈んだという(えへら(役立たず

でも全体では善戦したと思う。
あんま普段は出番がねぇだけに忘れてたけど、魔法使いへの“静寂”は目からウロコだった。
それでも先手とるか一撃目を魔法以外で耐え忍ぶかしないとなのは変わらないが、効果は抜群だ。

とは言えなー、今から新しい魔法仕込むのは中々大変なので戦術はまた考えるとしよう。

こういう形で縁が出来てくってのも面白ぇなと思ったハルベルト。

そういえば、先鋒だったメヴさんてどっかで見たようなとずっと首傾げてたんだけど。
思い出してみたら、彼女の店の「オールドワイド」の酒が大好きだったから見覚えあったんだった(あるつ



話変わって。

私信。ジノさん、昨日はすまんかった(土下座
誕生日祝いつつ、だらだらっと話してたら気づいたら寝落ちてたという ←
久々にやらかしたなー、あれは・・・。気付いたら謝る場もなくなってたし。。
(PCは長めの一定時間放置されると自動電源落ちの設定)
いやぁ、面目ない。