FC2ブログ
30

それは一通の果たし状

小話 comment0  トラックバック(-)
天蒼リュクシース殿

かつては東紅演武より御身との決着つかぬまま。
その時に汚された上着がクリーニング代をお支払い頂くべく、請求書を叩き付けんが為に、一勝負申し込む。
願わくば、悔い残らぬ一時にすべく、全力を以って臨まれるべし。

セイリオス・G・カッシュ


星屑の宴の最中、行われた一戦の記録を此処に。


イメージソング
オープニング:MintJam 「Rival」
エンディング:いきものがかり 「心の花を咲かせよう」
エンドロールのその後に:いきものがかり 「YELL」

エンディングとエンドロールの歌手が同じなのは趣味というより他に個人的に知る中で思い当たらなかったので。
他に適選曲があればそれを聞きながらでも!


【果し合い時ルール】
互いのHPは上限25。
それを各ターンの1レス目の秒数下一桁1~9より削り合い、0とした方の勝ちとする。

ただし、下一桁が0の場合にはノーダメージとし、先攻が相手のHPを0とした同ターン内に後攻が同じく0とした場合にはダブルノックアウトとして引き分けとする。

先攻・後攻は一番最初の登場or名乗りとする初レス時の1レス目、同じく下一桁の秒数が大きい方が先攻と見なす。

以上



※ギャラリーの皆様の参加に感謝しつつ。俺とリュクのやりとりのみ、現状は載せてます。
てのも一言参加してもらったのを伝言等で許可伺うのも申し訳なく、載せて問題なければ随時時系列を合わせて載せていきたいと思うのでコメントないし伝言で了承の旨頂ければ幸いです。

スポンサーサイト
30

そして暫しの眠りの時

未分類 comment0  トラックバック(-)
ラストダンスは自宅で踊り終えて。

自室で一人、棚に置いてあった蒼の銘酒が無くなった跡を見つめる。



色々あった。
覚え切れていない事は幾つもあって。
忘れられない事を支える頭は何時だってパンクし掛けてて。


ただ自分は、前に進む事しか知らなかった。



不器用で無礼者で下手糞で。
だから単純な事をただただ、貫き通す。





――ぐらり、と視界が揺れた。

どうやら、タイムリミットが訪れたらしい。

彼女に怪我の痕はバレなかっただろうか。何時もより踏ん張ってたつもりだが、力の無さに気付かれずに済んだだろうか。それで踊れなくなる事だけを心配していた。


だけどもう、今は

「年明けには、起きれるといいんだが――なぁ」

横になる。
その目を閉じて、その脳裏に旅立つ鳥から舞い落ちたひとひらの羽を映しながら。
何時もより少し永く必要な、眠りに落ちた。
12

星屑の宴を端から眺めつつ

日記 comment0  トラックバック(-)
多分、あれを確実に今まで通りに行いこなす事が、それを行ってきた彼らなりの意思表示なんだろうと思う。

それを楽しみにやってきた人の為に、共に対神殿戦に巻き込んだ人の為に。
本来、あの場に居合わせた外から来た者のほとんどが、神殿を目的として来たわけじゃぁねぇだろうから。