FC2ブログ
28

キノコ鍋はオソロシイ

riku-sei-by-raty



鍋の具材になる事の大変さを、身を以って初めて知ったよ…!

鍋に入れられるわ、蓋はされるわ、火力は上がるわ、転がされるわ…

最終的にはモザイク入って、ピンポンパンポーン♪~美しい風景をお楽しみ下さい~ でVTRストップよ!?



そのまま最後はJOJOばりにレジィさんと友情確認で殴りあってドナドナされるという…!

超カオス交流茶会 in シーユ !



でも楽しかったからいいや(´▽`

あの後、茶室から出たはいいけどやる事あって暫く落ちれんかったから、作業しつつ実は暫く屋根裏から見てた。なので、連理ちゃんのアドは実はしっかり確認してたりするんだがさすがに悪い気がして登録はしていない。




そして上の絵はラティより!
世間話しててその際に弟の話をしたら、翌日に出来上がりを見せられたという…!(震撼

そういえば、リクとはコロとかでもやりあった事なかったよ、なぁ?たしか

顔絵サイズとかも貰ったので、欲しかったら弟は俺捕獲の事。




そして、月末まではちと動きが鈍くなる。
伝言の返信速度やメセの頻度とかも落ちるだろうし、メセは仮に上げてても緊急用とかで返事出来ないと思ってくれ。
スポンサーサイト



27

Are You Ready?

sei-by-raty1


絵はラティより!
台詞が似合うからー、と瞬き入りのドット絵をサプライズ的に貰った!
やべぇ、これは感動…!

でもこれをそのまま顔絵にしようとしたらサイズ容量で半裸に怒られ(´д`

色々と短縮して今部屋にあるのが現状。
でも折角綺麗に作ってくれたので日記はコレを飾る!

服は白羊騎士団の頃の制服をイメージしてこの色にしてもらった。
他にも色違いを一杯作ってもらったから、次から順番に公開していく予定。


名づけて着せ変えセイリオス(どーん


更に、アイテム用のも新たにロングコートバージョンで描きおろしてもらっちゃったので早速開発開始!中消費は既にあるし、装備はアレだよなぁと思って種類の無い攻強消費で作ってみた(無駄に高価 完成は今月30日の予定!
開発費は500万だから、そんな金は俺の財布にはないわけだがー…実は俺の家は工場地帯だったりするので開発費は半額で済むのだー!


お陰で手持ちが30万でござーいorz(計画性ゼロ




少し前には、ラゼから出羽桜のポン酒を貰った。
恵みから精製された酒みてぇだから、正に国内オリジナルだよな。ゾルファナ…DEMの特産の酒!ただいま本人と熱燗でお楽しみ中(´▽`*

そしてクロちゃんからは美味そうなドラ焼きを!
こいつも恵みが材料みてぇだから卍国産限定品だよなぁ。御茶にドラ焼きのコンボは最強デスヨ


それにしても最近はホント貰い物ばかりで申し訳ない。貰いっぱなしは性に合わねぇから、それぞれ何時か何らかの形でお礼はするな!



出会うばっかじゃなくて別れもあったが、本人が帰ってくるって宣言した以上は待ってるぜ。
どっかの青いのも、二年越しでひょっこり帰ってきたりしたしな(笑
元気に戻ってこいよ、ライ!
25

鎧の戦士

―冥界が出現、エージュに向けて攻撃を開始!―

その報を聞いて、突破を試みる為に冥界軍の門へと向かう。

「…相変わらず、メンドクセェ時期に来やがるなムゲンの野郎」

それでいて本人は出張ってこないのだから大したモンだ。

「まぁいい、何時もの事だ。ちゃっちゃっと行ってくるか」

そう、何時もの事だ。ムゲンの手足にさせられている彼らを打ち倒す以外に、再度永眠の時間を与えてやれる手段は自分達にはない。
正面に立ちはだかる門番を退けるべく、城の入り口へと急いだ。



一人目の門番が倒れる。

「一人目から手こずっちゃいられねぇ…さて」

続く通路を駆けていくと、その先に待ち構える二人目の門番。

「アンタが二人目、か―!?」

近づくにつれて露わになるシルエット、しかして見えたその姿に驚愕する。

「ま、さか…嘘だろ」

分かっていても、嘘だと言いたかった。
見間違えるはずもない、その鎧甲冑に覆われたかつての同志を。

「ジランドさん…アンタとは、こんな形で再会したくはなかったよ…ッ!」

己の獲物を抜き向かってくる姿に、苦渋の顔を隠せぬまま太刀を抜く。


―…勘違いするなよ?俺の物語はこれで終わりじゃない―


振り下ろされる獲物を真っ向から受け、鍔迫り合いになる。


―これから俺とお前達との戦いが始まるのだ!―


隙を突かれて打ち上げられ、とっさに身を引くもその一撃を浅くなく受けて下がる。

「くっ…」

もう一撃浴びれば危うい。まだ、更にもう一人奥には待ち構えているというのに。


―次に会う時は敵同士、手加減はしない…いや、されても困るが…―


「そうだな…その通りだ」

何も言わぬ甲冑を前に、太刀をしまいながらも構える。
同時に、静かだった辺りに風が渦巻き始めその身を纏っていく。

「手加減はしねぇ約束だったよな。…本気で行くぜッ!」

超音速機動オーヴァードライブ

目の前から掻き消えるような速度で一瞬にして間合いを詰める。
現れたのは相手の眼前、その足元。

その数、前後左右から四人。

身を屈めるようにして体のバネを貯めると、一気にその足で蹴り上げる。

宙に舞う甲冑へ、間を開けず地を蹴り追いつくと前後左右から拳と蹴りの乱打が舞い。
更にもう一人が背から現れ頭上に躍り出ると、両手を掴み合わせ振り下ろす。

衝撃で一気に地面に向けて降下する相手の頭上には、しかして既に先の姿は無く。



―ここに、地表にて見上げながら待ち受ける姿があった。



「鏡神映身流、奥義―」

落下地点よりも少し離れたところから、其処へ向けて一気に駆ける。
タイミングは、正に地につく瞬間。手は刀に添えられ、抜刀の構えのまま迫る。

―その数、八人・・


正しく八方から囲むようにして迫ると、地に着く寸前の甲冑を中心に八つの影が交差した。

「…夢幻など此処にない。全てが俺でありその太刀に虚像は皆無。故に―」

居合いの呼吸で抜かれた刀を静かに納める。

「―無幻闘武」


だが、これで倒れぬはやはり猛者。
聞こえた金属の揺れる音に、何も言う事はせずただ腰裏から双剣を引き抜く。
そのまま、迫る金属音へと向き直るとその身へ一気に駆け抜けた。


―鏡神映身流奥義 双武連乱


「…サヨナラだ、ジランドさん」


崩れ落ちる甲冑の音を背に、振り返る事はせずそのまま奥へと走った。






門番を全て退け、城門へと傷をつけて撤退する。
今はもう、遠くの上空から眺める位置に冥界の城はあった。
知った顔が現れる事の空しさを、分かってはいても消す事は出来ない。

「…ムゲンのクソヤロウがっ」

そのまま、風を纏うと空を駆け帰路についた。
24

久々に伝言板が賑やかだ

珍しく、集いの間に張り紙なんぞしてみたら。
嬉しい事に反応が幾つか。


頑張って返事してくぞー!


最近はコインマンも順調に金目のモンくれるから、少しずつ財布の中も増えてきたしなぁ。
一時期は、ダンジョンと給金で補填しても龍の巣の出費で5万ずつ持ってかれて2桁ぐらいまで減ったからのぅ(´`

金貯めて欲しいのあるの?って言われると別にー?なんだけど。
金色童子状態の顔絵は欲しい、かもしれないけどそのぐらいかなぁ。最近はインフレしてんのか、依頼料500万だの普通に見かけるけど、おにーさんの財布じゃ逆さにしたってそんな大金出てきまセンヨ?


シーユとの交流会は順調にキノコが飛び交い中
ピンポイントの秒数で数が半端なく左右するとか、そのアンバランスさが逆にいい(笑

キノコ鍋したいよキノコ鍋!


後は、久しぶりに国から離れてそれっきりになってた奴と話したりも出来た。正確に言えば、その頃俺はほぼ寝てたから話す機会そのものがなかったってのもあるんだけど(笑
伝言で話せた奴、メッセでも会えた奴。
皆色々忙しくもあるみたいだけど、何よりも元気そうで良かった。

今は少しずつ、やれる事をやっていこう。
20

生存報告


生きとるよーっヾ(´▽`)ノシ

ボチボチ起きて動いてる。
まだ中々、アレコレ顔出す程にゃ余裕ねぇんだけどな。
今月末までは勘弁。

来月入ったら、時折ポコッと暫く居ない時期は出来るかもしれんけど基本時間出来て居れるようになるとは思う。


どっかの青いのと同じく、一度止まっちまうとエンジン再始動すんのに時間かかってしょうがねぇから、今はひたすら微速前進。
ゼノン戦役の後、年末までほぼ寝てたから結構皆バラバラになったり世界そのものを去っていった人も居るんだなと知ったのは随分後。

ただ今は、皆が元気ならそれでいいと思う。


とりあえず、シーユとの交流会でキノコ狩りしてる!