FC2ブログ
22

自分を罰するとは何なのか

俺の場合は、少なくとも反省の為じゃない。
俺の反省は、それに気付いた時にして終わる。

何?短い?
何時までもウジウジなるよかマシだと思うけどな。



俺にとって罰するとは、その悔しさを自身に刻みこむ為のものでありその為の時間だと思っている。



省みるなんて、何処が悪くてこうすれば良かったという改善を見つける、そんな事は気付いた時にもう見えてる事だ。

それをもう二度とやらねぇと、悔しく思う心をその場限りにしない。それが俺は大事だと思ってる。






悪かったからそうしてるんじゃない。見せしめにしねぇといけないからそうしてるんじゃない。


そうせずして繰り返し、誰かを巻き込んだらやりきれねぇからそうしてる。


自身だけがなるならそいつぁ自業自得で済むが、忘れて繰り返した過ちで誰かを巻き込んだら俺は自身を許せはしない。

覚えてりゃぁ巻き込まずに済んだと思えるからこそ、なおさら。




俺が俺であるからこそ、前に進む事に対してだけは絶対に妥協しない。
そうして一緒に肩組んで行こうと思う仲間や家族や友人、信じあえる人達が横に居るからよりそう思う。

その舞台がどこであろうと、周りに心を持つ同じ人が居る限りそれは不変であっていいもんじゃぁねぇのかな。
スポンサーサイト
02

変化の時期

この時期って、まぁ色々変わるもんだからか。
人の増減が激しいよな。

大体、何時もこの時期と夏の2回ってとこだろか。



でもまぁホント、長く居てみるモンだよな。
2年前、色々あってホントは俺は居なくなる予定だった。それを、何とか顔を出せる頻度を落としながらでも居ようと決めて居続けて。


色んな奴との出会いを果たした。色んな奴との別れもあった。
そんな中で、1度は別れたが帰ってきてくれた奴も居る。




リュクに続いて、もう一人。
騎士団立ち上げて暫くの頃、まだまだ未熟どころじゃ済まない俺を支えてくれた軍務の知恵袋。

お帰り、よく帰ってきたなアリオネスト。
思わず勢いでグーパンチで殴り飛ばしちまったが、まぁ許せ(ぇー