--

スポンサーサイト

スポンサー広告  コメント(-)  トラックバック(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21

新版プロフィール

設定  コメント(-)  トラックバック(-)
seirios

【名前】セイリオス・ゲイン・カッシュ(Seirios・Gein・Cash)

【種族/性別】不明(有翼種の生まれ)/男

【誕生日/年齢】10月23日/30歳(2011年時点)

【父親】ある有翼種部落の長の弟

【母親】同部落の有翼種

【身長/体重】180cm/74kg

【流派】鏡神映身流(きょうじんうつしみりゅう)(弐代目正統後継者)

―人柄―
気さく、御人好し、直情熱血型、兄貴肌の快活男児。
闘いを好むも、無駄な諍いや暴力・揉め事などへの力の誇示は一切にして好まず、己を試し信念で以ってぶつかり合える決闘方式のガチンコが好き。
言葉遣いは誰にでも荒い、というより砕けている。ノリは良く、ボケは天然肌、突っ込みはノリツッコミ派。鍋は食べる側に回ろうとして、気付いたら結局具財で煮込まれている人。



更なる詳細は以下参照
スポンサーサイト
20

画廊

設定  コメント(-)  トラックバック(-)
今まで描いてもらった絵の展示場所。
そういやなかったなぁと思って作ってみた。

このブログの前にあるHPには置いてたりもしてたんだけどな。
掲載許可はそん時に貰ってるものの、もう今は居ない人も居るし、匿名の人も居るから敢えて絵師殿の名前は伏せさせてもらう事にしたのでご容赦願いたい。

無論、描いて頂いた全ての絵師殿への感謝はマリアナ海溝よりも常に深くあるつもりだ(笑
01

今後の予定―KOC終了に寄せて―

日記 comment1  トラックバック(-)
2012年8月31日の24時を以って、Kingdam of Chaosは全サービスを終了。


それに伴う、オールド大陸在住セイリオスの今後の予定を此処に。

※背後部分含むので詳細は追記で
16

【PL注意】セイリオスという人物の考察

設定 comment0  トラックバック(-)
入国審査画面

最終入国日2012年8月31日
滞在期間実に3000と277日。換算すると8年と11ヶ月と23日。約9年。



ようやくにしてエピローグ「終焉の頃に」も書き上げたところで、PLから振り返ってみようのコーナー。
以下折り畳みに続く。
07

終焉の頃 幕

小話 comment0  トラックバック(-)
港は多くの人々でごった返していた。

残る人、旅立つ人。
もう二度とそこを交える事は叶わぬと互いに知って、許された後僅かばかりの時間で別れを告げる。

本当に残すところはもう数時間もなく。
特に混雑を極める待合所に入ると足を止める事すらままならない。
見逃さぬように視線を巡らせればやがて、それが一人の女性を視界に収めて留まりそちらへ歩いていく。
25

終焉の頃 3

小話 comment0  トラックバック(-)
残された期限は、日にちという単位すらあっという間に奪っていく。
移動するその時間も。何かに目を止めるその時間も。普段ならば気にする事もないその経過すら、確実に時は刻み奪っていく。

やはり、終わりが分かっているからこそ、しかもそれが間近だからこそ初めて実感するのだろうと思う。
たかだかヒトの種の一生ですら、まだ今の自分は終わりまでの残り時間を今のようには感じないのだから。


そうして過ごし失っていく時間が残す。
もう僅かに、数時間。



全ての人が行き交う、その国の門に一組の姿はあった。
18

終焉の頃 2

小話 comment0  トラックバック(-)
バラハンに着いて暫く。

案内された王宮の執務室では、数年前と変わらぬ姿でその席に座す王が居た。
自分が入ってきたのに気付けば、顔を上げ「おぅ、おかえり」と声を掛けられる。

それは、まるで近くの店かそこらまで行ってきたぐらいの。
“何時も”と変わらぬ台詞に、口元は緩み。

「ああ、ただいま」

と自らも返した。



02

終焉の頃

小話 comment0  トラックバック(-)
想い思いに生きる人々は己が遣り残した事の為に。
願いを果す為に。或いは、その欲を解放する為に。
かつてない程騒がしく、世界は動いていた。


男もまた。
友との仕合を果し。最強の相手との仕合も果たして。
願いが叶った星屑の宴のフィナーレを終えた。


僅か残り数日。
時間して最早数十時間。


悩む時間すらその僅かを削り、残る行動の選択肢を失くしていく。


「…行くか」

悩んだ挙句。
男はその夜、エージュを発った。
01

今後のブログ更新予定

日記 comment0  トラックバック(-)
メモ書き用

■各仕合の転載
■バトン
※どんだけ貯めてたか不明なのでまずは思い出せる限り。やってなくて回したよ!てのあれば言ってくだされ。。
■最終日周辺の模様
■エンドロールとその後
■背後によるセイリオスという存在への考察と振り返り
06

最近

日記 comment0  トラックバック(-)
ちょいとばかし動きは鈍い。
主には後ろの事情だが、せいぜい動けてるのも伝言ぐらいで、でも伝言も遅いという(駄

エージュにて、神殿も落ち着いて、アルヴァ殿との一戦もケリがつき。
見にきたラヴェやシャオさん達とは満足に話せなかったが、割と充実した時期を過ごせてる。



後は月末に向けて。
まだ返事は貰えてねぇが、タイミング考えりゃぁそれがギリギリ。
そして頼んでおいたモンが仕上がるであろうのもその頃だ。


狼はガチってないと死んでしまうという。
兎が孤独だと死ぬといわれているように。

だが違う、そこだけは、違ぇんだ。
死なない為に、ガチってるんじゃぁないんだ。
その答えはもう、一度お前の口から解かれてるけれどな。




さて、備えるとしようか。
悪あがき程度だろうが、ヒントはアルヴァ殿のお陰で見出してる。
結果はその時にご覧あれ、ってな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。